BLOG |ブログ

うれしくなるほどアメリカン カマロ!!

こんにちは。

SPORT名古屋です。

本日はカマロをご紹介いたします。

新生GMの第1弾が、2002年以来7年ぶりに復活した「シボレー・カマロ」。

といっても、最初にコンセプトカーとして姿を見せたのは2006年のデトロイトショーだから、

正確にいえば破綻前のプロダクト。

しかもスタイリングは、1967年から3年間だけ作られた「初代」のセルフカバーで、

サイズは4840×1915×1380mmと相変わらずアメリカン!!

キャビンやフェンダーは1968年式、大径ヘッドランプやリアフェンダーのルーバーは

1969年式をモチーフとしたボディが、理屈抜きにカッコいいですよ。

エクステリアだけじゃないです。四角い速度計と回転計を運転席の前に据え、

センターコンソールの奥に4つのサブメーターを置き、

助手席側はだだっ広い壁というインパネも昔のままを維持し、

ブルーのイルミネーションや、ビートの効いたオーディオを含めて、

うれしくなるほどアメリカンな空間に仕上がっています。
シートは背中から腰までをカチッと支えつつ、座面はふっかりしていて、

背もたれを倒したドラポジになる。

さらにカマロでほめたいのは、レトロなデザインをまといつつ、走りはきっちりモダンな所!!

日本仕様は3.6リッターV6の「LT」と6.2リッターV8の「SS」の2タイプで、

どちらもスポーティな「RSパッケージ」が標準装備になります。

トランスミッションはいずれも6段ATで、もちろん後輪駆動です。
旧型カマロでは、本命はやっぱりV8で、V6は廉価版というイメージが拭えなかったが

でも新型は一味違う雰囲気!!なによりもエンジンが凄くいいです。

直噴で11.3:1の高圧縮比なのにレギュラーガス対応とした技術力もほめられるが、

308psを6400rpmで発生する高回転型のスペックでわかるように、回すことが気持ちいいです。
車重が1710kgと見た目より軽いおかげもあって、回さなくても力不足は感じない。

でもストレスフリーの吹け上がりと、4000rpm以上での叩きつけるような音を味わったら、

自然と高回転キープのドライビングになってしまう感じです。

6段ATの性格はこのエンジンにドンピシャ!!

トルコンのユルさはなく、タイトにギアをつなぎ、キックダウンにも敏感に反応!!

だからステアリング裏のスイッチを駆使してマニュアルシフトを多用したくなります。

昔のカマロとは対照的な加速感だ!!

でも米国GMと豪州ホールデンが共同開発したグローバルRWDアーキテクチャーの能力を知るにつれて、

新型にはこのモダンなパワートレインが似合うと思うようになったと思います。

ご紹介しましたカマロは当店にございます。

どうですか?ますますカマロが気になりましたでしょ?

是非一度ご来店していただき現車をご覧ください。

しびれるマフラー音聞いて下さい。

きっとカマロが気に入っていただけるはずです。

お待ちしております。

 

当店の在庫車両はこちらからご覧ください。

https://sport-uscar.com/cars

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連記事

正規販売代理店

  1. FUEL
  2. CENTER LINE
  3. MICKEY THOMPSON
  4. Pramount Automotive
  5. PRO COMP
ページ上部へ戻る