INTRODUCTION |アメ車が初めての方へ


そもそもアメ車って何?

アメ車とはアメリカ合衆国に本拠地のある自動車メーカーが生産する自動車のことを指します。ビッグスリーと呼ばれるGM、フォード、クライスラーに加えて、近年はテスラなどの電気自動車を生産する新興メーカーも登場しています。
ビッグスリー各社にはそれぞれ複数のブランドがあります。GMは主力のシボレー、高級部門のキャデラック、SUV・トラック専門のGMC、ビュイックの他、かつてはポンティアック、ハマー、サターンなどのブランドもありました。フォードは高級部門にリンカーン(以前はマーキュリーもありました)、クライスラーはSUV専門のジープ、スポーティなダッジ、トラック専門のラムなどのブランドがあります。


アメ車は大きい?

アメ車と言えばどのモデルも車体が大きいイメージがありますが、現在のラインナップは小型の車両も増えてきています。例えば、日本でも人気のジープ・レネゲードはイタリアのフィアット・500Xと車体を共有した小型SUVですし、キャデラック・ATSはメルセデスベンツ・CクラスやBMW・3シリーズと同等のボディサイズです。もちろん、シボレー・サバ―バンやキャデラック・エスカレ―ドといったフルサイズSUVも健在ですので、ご利用環境に応じてお選びいただけます。


アメ車は燃費が悪い?

ひと昔前のアメ車はV8の5リッターなど大排気量エンジンが主流でしたが、現在は環境に配慮してダウンサイジング化が進み燃費も改善されてきています。例えばフォードでは、主力SUVのエクスプローラーやマスタングに新開発の2.3リッターエコブーストエンジンを搭載、ターボによってパワーを落とさず燃費を改善しています。GMも同様にエコテックエンジンを展開している他、本国ではハイブリッドモデルやシボレー・ボルトといったEV(電気自動車)も販売しています。


アメ車は壊れやすい?

夏場にオーバーヒートしたり、エアコンのコンプレッサーが壊れたり等々、アメ車は故障しやすいイメージがありますが、現在は生産品質が向上しており故障も少なくなっています。グローバル化に伴いGMはドイツのオペルと、クライスラーは親会社のフィアットと部品の共用化が進んでいるので、ヨーロッパ車と変わらないと言っても過言ではありません。


アメ車の年間販売実績600台

グッドスピードではアメ車をより身近に感じてもらえるように、ハイクオリティ・ロープライスなアメ車SUVに拘っているからこそ、年間約600台の販売実績へと繋がっております。アフターフォローも充実している為、初めてのアメ車ユーザーの方でも安心してお乗り頂く事が出来ます。また遠方でご来店が難しい方でも問題ありません。北海道から沖縄まで全国の方から日々お問い合わせをいただいておりますので、お気軽にご相談ください。

正規販売代理店

  1. FUEL
  2. CENTER LINE
  3. MICKEY THOMPSON
  4. Pramount Automotive
  5. PRO COMP
ページ上部へ戻る